2017/5/21 紀州釣り釣行記

こんばんわ めんだこです。

 

5/21(日)懲りずにクロダイ狙いで釣りに行ってきました。

今回は連敗を食らっている焼津港ではなく、久しぶりのホームグラウンドでの釣行です。

結果は小さいながらも何とか1匹、クロダイを釣りあげることができました。

 

 

ひさしぶりにホームの釣り

 

この日、何とか釣らなければと必死こいてたので写真や水中映像を撮る余裕がまったくありませんでした。

なのでこの先の記事はひたすら文字の羅列が続きますがご了承ください。

わたしのホームグラウンドである今回の釣行場所なんですが、非常に小さな場所でして、詳細は伏せさせていただきます。

まあ、清水、焼津のように稚魚の放流はしていないので、それほど釣れる場所ではないのですが(汗)。

「じゃあなんでそんなとこで釣ってんのよ」
その理由は単に家から一番近い場所だからです。めんどくさがり屋なんで・・・。

 

午前10時に現場に到着。
すでに常連の方が2人、釣りをしておられたので最近の様子などを聞かせてもらいました。

「ここんとこ、全然あがってないね~。」
「今日? ダメダメ。メジナが1匹だけだよ。」

いきなりきっついボディーブロー。

どうやら焼津だけでなくホームも釣れていないようです。

メジナを釣った方はもう帰るとのことでしたので、その場所に入らせていただきました。

 

午前11時 釣り開始

 

今日のダンゴレシピは、
ヌカ:砂:サナギ粉:チヌパワー=5:3:1:1

いたってシンプルな配合で攻めてみます。

付けエサとして用意したのは3種類。
・オキアミ(生)
・練り餌(マルキュー アピールホワイト)
・バナメイえび(グレにこれだ!漬け)

このポイントは今まで投げたことがなかったので、様子を見るために竿一本半ほどの距離にダンゴ打ち込んでいきます。

水深は満潮時で5m程度。
焼津と比べるとかなり浅く感じます。

小一時間ほど投げましたが釣れるのはハオコゼのみ。
かるく根ガカリもするので海底は岩だらけと判断し投点を変更しました。

 

投点を10mに変更。しかし・・・

 

ダンゴを打ち込む距離を3mほど沖目に変えました。岸からは10mくらいでしょうか。

すると今度はエサも取られず。
ひたすらダンゴを打ち返しますが時折あたってくるのはヒイラギばかり。

オキアミ以外のエサも試しましたがその他のエサは見向きもされません。

時刻は14時を回っています。
潮も上げ一杯で止まってしまいました。

「こいつはヤバイ・・・。」

ボーズという言葉が頭の中を駆け巡ります。

 

ダンゴの投入に失敗! そこでひらめいた!

 

数投後、焦ってダンゴの握りが甘かったのか、底に着くまでに割れてしまいました。

回収しようとリールを巻くと重みがある。
「ん? なにか釣れてる?」

上がってきたのは30cmほどのウグイでした。

その後もう一度握りを甘くしたダンゴを投入。
イメージとしては海底から1mくらい上で割れる感じです。

割れた後、そのまま流していくと今まで全くアタリが出なかったのにはっきり消し込むアタリが出始めました。

水温の関係か分からないが、どうやら魚は底ではなく少し上に浮いているらしい。

ここに至ってようやく気付きました。

 

釣法をヌカ切りに変更。そしてついにチヌ登場!

 

14:40分、そこから完全にヌカ切りに戦法を変えました。

ヌカ切りとは、ダンゴを沈下途中で崩れるようにして中層を狙う釣り方です。

紀州釣りと似ていますが、紀州釣りは海底までダンゴを落とすのに対しヌカ切りは意図的にダンゴを中層で割れるよう調整します。

やはり底を釣っていた時よりもアタリがはっきりとでるようになりました。

釣れるのはウグイばかりですが、それでも何も釣れないよりはマシと粘ります。

そして夕方16時過ぎ、モゾモゾとしたアタリを合わせると、ウグイとは違った引きが!

 

ついにきました、本命のクロダイです!。

20170521 クロダイ 26cm

 

今年にはいって、タイと名の付く魚はネンブツダイくらいしかあげてないので
タモ入れの際ちょっと手が震えてしまいました。

 

サイズは26cm。小さいながらも良く引きました。

その後はアタリも無くなったので17時、納竿としました。

 

 あとがき

 

今回の釣りでは何とかクロダイを1匹釣りあげることができました。

しかし食い気のある魚が底ではなく浮いていることに気づかなかったら、おそらくボーズまっしぐらだったでしょう。

その日の状況に合わせ、臨機応変に対応することの大切さが身に沁みた一日でした。

次回は数とサイズをあげることができるよう、がんばります。

 

お読みいただきありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です