2017年11月26日 紀州釣り釣行記 釣果も寒くなって参りました

こんばんは めんだこです。

チヌが釣れなくなって久しいですが、11月26日(日)、懲りずにホームグラウンドへ行ってきました。

前日の予報では午前中から風が強いとのことで、先週と同じく風が避けられるポイントに朝から入ることにしました。

 

朝7時 釣り場到着・釣り準備

すでにイカ釣り(遊漁船)の釣り客の車で満車状態です。

いつもならポイントに車横付けできるのですが仕方ないですね。
ちょっと離れた場所に駐車して準備開始。

ダンゴ釣りは荷物が多いので運ぶのも一苦労です。

 

本日のダンゴレシピ(カップ杯数)

・ヌカ:10
・砂 :4
・集魚剤:3(チヌグルメ:1、チヌテン:2)

以上。
アミエビは最初から用意していません。

外は寒いし、どうにも釣れる気がしなくて直前まで釣りに行こうかどうしようか迷ってたんです。

結局来てしまいましたが、いかんせんダンゴがシンプル過ぎるか・・・?

持参した付けエサは、
・自作加工オキアミ
・マダイイエロー
・バナメイえび
・コーン

 

朝7時20分 釣り開始

朝イチはダンゴブッコミで探りを入れます。
流れもあまりないのでガン玉無しのノーシンカーで竿一本くらいの近距離にダンゴを投入。

 

釣り開始から2時間経過しましたがタイの気配は無し。
フグやヒイラギがたまに釣れる程度でダンゴアタリもありません。

魚いないのか?

ただ最近、釣行のたびに水中カメラを放り投げているので分かるのですが、おそらく中層にはウグイ、ボラなどが集まっている可能性が高いです。

チヌがいるかは不明ですが、底では食ってきそうにないので沈下途中で割れるようにダンゴの握りを調整してヌカ切りを試してみました。

しかしこのヌカ切り、中層でダンゴがうまく割れるようにするのはけっこう難しいのです。

投入を繰り返し、なんとかうまく割れるようになったころ、糸が走りました。
釣れたのは30cmほどのウグイ。

 

やはり海底から少し上には魚がいるようです。
しかしその後もヌカ切りで釣れるのはウグイだけ。

しばらく続けましたが状況は変わらないので海底までダンゴを落とす、普段の釣りに戻しました。

 

15時40分、ヘダイが釣れる

15時を過ぎたあたりから海中に変化が出てきました。

それまでほとんど無かったダンゴアタリが頻繁に出るようになり、活性が上がってきたようです。
なかなか付けエサを食い込んでくれませんが諦めずダンゴを打ち続けるとウキが一気に沈みました。

釣れたのは手のひらサイズのヘダイ。

 


今日はこれが限界です。
ちょっと時間が早いですがこの一匹で納竿しました。

 

今日の海中の様子

この日も午後からカメラを放り込んでいたので帰宅後、さっそく映像をチェックしました。

 

やはりチヌの姿は無し。
この時期はどこに行ってしまうのでしょう?

この調子では年内に本命を釣ることができるか、怪しいもんですが次回も頑張りたいと思います。

今日は読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です