自作ウキで釣りにいこう! お手軽棒ウキ作り!

 

こんにちわ めんだこです。

今日は前回の記事 ウキの自作について の続きです。

今回は実際にウキを一つ作ってみます。

自作するのはこちら。全長は30cm、浮力はガン玉2B装着時にウキトップがほんの少し水面に出るくらいです。

紀州釣り用を想定していますので本体の重さは2.5gと軽めに仕上げてあります

自作ウキ

 

カンタンに作れますので、まずは材料から。

・瞬間接着剤

・ウキの芯材(直径1mmのカーボンまたはグラスソリッド)

・糸オモリ

・ウキの足カン用のトリプル仕掛け

・シモリ玉(丸形6号 ナツメ型3号)
*浮力を2B以上にする場合は丸形シモリの号数を7以上に大きくしたほうがいいです。

・カッターナイフ

・ニッパー

ウキ自作 材料

 

上の画像にはありませんが、これもあると便利です。

・熱収縮チューブ
ホームセンターの電気配線コーナーに置いてあります。

 

 

では作っていきましょう!

 

ウキ制作開始!

 

 

まず、ウキの芯材をカットします。

芯材に垂直にカッターの刃を当て、コロコロ転がしながらキズを入れていきます。

そのまま切断してもいいですし、ある程度コロコロしたら手で折ってもいいです。

 

 

次にシモリ玉を芯材に接着します。

丸形はウキボディに、ナツメ形はウキトップの目印になります。

ここでウキトップの長さと足の部分のバランスが決まります。

わたしは安定性重視なので足部分が長くなるようにくっつけました。

 

このときシモリ玉の穴と芯材の間にスキマが空くことがあります。

そんなときは少しだけ瞬間接着剤を追加投入してスキマを埋めていきます。

 

 

 

次に足カンを作ります。

この仕掛け用トリプルをバラシて作っていきます。

 

使う部分は中央の部品なので、ニッパーやペンチ等で横についている部分をグリグリしながら外します。

 

うまく外せたでしょうか。

これを先ほどの芯材の足部分に取り付けていきます。

芯材に足カンをはめ込み接着剤を流し込むのですが、
足カンには先ほど余分な部品を外した時の穴が開いていますね。

この穴から少しずつ、瞬間接着剤を入れていくとうまく接着できます。

 

 

 

ここまでくるとだいぶウキらしくなってきました。

さて、最後はウキの浮力調整です。

 

浮力調整は接着剤が完全に乾いてから始めてください。

 

今回は浮力2Bで設定します。

このときウキスイベルを使う方は必ず付けた状態で浮力調整をしてください。

小さな部品ですがウキの浮力に少なからず影響を与えます。

付けないで調整してしまうと沈みすぎて実際の釣行でつかいものにならなくなることもあります。ここでしっかりと調整しておきましょう。

ガン玉2Bを装着して風呂場やバケツに浮かべます。

糸オモリを適宜つけて調整していきましょう。

ちなみにわたしは釣り竿買った時についてくるケースを改造して浮力調整に使用しております。棒ウキなど長めのウキの調整時には非常に便利です。

 

 

2Bのオモリを付けた状態でウキトップがほんの少し水面に出るように調整しました。

 オモリを外してもちゃんと浮くか確認してください。     

 

 

さあ、あともうひと踏ん張りです。

浮力調整で使った糸オモリを瞬間接着剤で止めます。

 

 

このままでもいいですが、わたしは補強のため熱収縮チューブでガッチリ固めます。

ホームセンターの電気配線コーナーで売っていました。

このチューブは熱を加えることで縮む性質があります。

サイズがいくつかあるのですが、収縮後の適用範囲が記載されているのでウキの足の太さに合わせて使い分けてください。

このチューブを足部分の長さに合わせて切断します。

それをはめこんでライターでごくごく軽くあぶります。

あぶりすぎに注意してください。

ライターの代わりにドライヤーの熱風を当ててもOKです。
慣れないうちはドライヤーのほうが失敗がなく安全です。

 

収縮後はこんな感じです。

 

 

遂に完成!自作ウキ!

 

お疲れさまでした! やっと完成です!

どうでしょうか。けっこうカンタンだったと思います。

 

シモリ玉を使ったウキづくりは材料をくっつけていく作業がほとんどなので
時間もそれほどかかりません。

アイデア次第で紀州釣り以外のジャンルのウキも作れるのでぜひチャレンジしてみてください。

ありがとうございました。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です