耳栓 MOLDEX CAMO PLUGS(モールデックス カモ プラグ)を使った感想

こんばんは めんだこです。

 

一年ほど前から耳栓を付けて寝るのが習慣になっています。

先日、新しくMOLDEX CAMO PLUGS(モールデックス カモ プラグ)」を購入しました。
今日は使い勝手などレビューします。

 

 MOLDEX CAMO PLUGS

Amazonで買いました。
5ペアで359円也。
商品は1ペアずつ個包装になってました。

 

中身はこんな感じです。
片方潰れていましたが使った感じは特に問題ありませんでした。

 

 

材質はポリウレタン製。
弾力があり指で押すと潰れますが時間がたつにつれ元に戻ります。

耳栓の性能を示す遮音値(NRR)は33
この数値は例えば80㏈の騒音(電車の車内)が50㏈以下(静かな事務所)レベルまで小さくできることを表しています。

色々調べてみましたがこのタイプの耳栓ではNRR33が最高値でした。
あと、ホントかどうか分かりませんがアメリカ軍御用達らしいです。

使い方はカンタンで、指でつまんで細くした後、素早く耳の穴に入れるだけ。
入れた後は徐々に膨らんでくるのでおのずと耳の穴の形に合わせてくれます。

アマゾンのレビューでは「サイズが大きすぎる・硬くて耳が痛くなる」といった意見もあったのでちょっと不安でしたがそんなこともなく快適でした。

ただ以前使っていたサイレンシア® レギュラーと並べてみると、多少大きいので女性や子供には向かないかもしれません。

 

 

使ってみた感想

モルデックス カモを使ってみて驚いたのがやはり遮音性能。

それまでサイレンシア® レギュラーを使ってましたがもう一段階上の静けさというか、レベルの違いを感じました。

ちなみにサイレンシアはNRR32。
数値上ではNRR33のモルデックスと1つしか変わらないんですが体感的にはまったく別次元です。

もともと耳栓を使い始めたキッカケは、深夜に家の近くを頻繁に通る大型トラックの音がうるさかったこと。
サイレンシアでも聞こえていた走行音がモルデックスにしてからはまったく聞こえなくなりました。

あとモルデックスのほうが硬いというか、指で細くしたときに元に戻るまでゆっくりなので耳の穴に入れやすかったです。

サイレンシアは柔らかいので元に戻るまでが早く、耳に入れるのにてこずっているとすぐ膨らんで何度もやり直さなくてはいけませんでした。

悪い点・・・というか気を付けなければいけないのは遮音性能がすごすぎて目覚ましが鳴っているのに気づかないことがありました。

とはいえこの耳栓、今まで使ってきたものと比較しても文句なく最高。
当分はこの耳栓を使い続けることになりそうです。

 

今まで使ってきた耳栓

最後にこれまで使ってきた耳栓を2種類紹介します。

 

3M(TM) 耳栓 1100

 
 
最初に購入した耳栓です。

近所のホームセンターで売ってました。

遮音性能はNRR29。
これを使うまで耳栓というと小学校時代に使ったゴム製の硬いものを想像してました。
最近の耳栓はスゴイな~と思うと同時に、あの頃からだいぶ歳をとってしまったなと少し悲しくも感じました。

使い勝手は良くもなく悪くもなく平均的、サイズは小さめで扱いやすいと思います。
ただ遮音性能がそこまで高くないので物足りなく感じるかもしれません。

 

サイレンシア® レギュラー

 

3Mの次に近所のドラッグストアで購入。
モルデックスを買うまでこのサイレンシアを使ってました。
遮音性能はNRR32。

3Mよりも遮音値が高く防音性能もなかなかです。
サイズは3Mとほぼ同じくらい。
わたしが不器用なだけなのかもしれませんが素材が柔らかいので、しっかりと耳の穴に入れるのに毎回苦労しました。

どこにでも売っているので「手っ取り早く性能のいい耳栓を」ということならサイレンシアをおススメします。

 

以上、今日は読んでいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です