【PCゲーム】Fishing Planet LOUISIANA QUANCHKIN LAKE編 お金の稼ぎ方

こんばんは、めんだこです。

今日はルイジアナ・QUANCHKIN LAKEでのお金の稼ぎ方です。

何て読むんですかね? クアンキンレイク?
調べてもよく分かりませんでした。

マップも広大で多くの種類の魚が釣れますがその分結果をだすのが難しい湖でもあります。

ここで狙うのは主にアリゲーターガーや巨大ナマズ類、あとはルアーまたはエサでバスでしょうか。

特にナマズやガーは一匹単位の重量があるので、この湖で稼ぐには最大200kgまで入るフィッシュネットが必須です。

今回は大型魚のガー、フラットヘッド、ブルーキャットを中心に釣り方を紹介していきます。

 

アリゲーターガー

おそらくこの湖で一番狙っている人が多いと思われる魚ですね。

トロフィー級までしか設定されていませんがFishing Planet中、最重量を誇る魚で2018年4月現在49.02kgがトップ記録となっています。

 

わたしの使用タックル

わたしが使っているのは
ロッド:Brutus 330
リール:Thunder Spin 4500
ライン:Fluoro 0.6mm
ウキ :Glowing Pear-Shaped Float またはPear-Shaped Float
フック:#8/0
エサ :ラージミノー、ラージカットベイト、クロ―フィッシュ、シャイナー
ウキ下:30~50cm
                                                     
とにかく引きが強いのでそれに合わせた強いタックルで臨むことが重要です。

一度適当なタックルで釣りしていたらラインを全部引きずりだされリールを壊されました。

ヤバい!と思ったら道具を壊される前に「B」を押してラインを切りましょう。

大型の魚を釣るにはやはりエサ釣りに分があります。
ルアーでも釣れないことはありませんがなかなかヒットしないのでエサ釣りのほうが良いでしょう。

それでもルアーで釣りたい!という方はクランクベイト(深度1~3.5m)がおススメです。
スピード1か2、ストップ&ゴーで狙いましょう。

ウキについては夜光と普通のタイプ、どちらでもいいです。
飛距離は普通のタイプになりますがPear-Shaped Floatが最もよくカッ飛びます。

 

おススメポイント その1

まずはマップの右下の場所。

ここではガーの他にもチャネルキャットフィッシュ、フラットヘッドキャットフィッシュ、ブルーキャットフィッシュ、フレッシュウォータードラム、スモールマウスバッファローが釣れます。(フラットヘッド、ブルーキャットフィッシュ、ドラム、スモールマウスバッファローについては後述します。)

 

投げるポイントは上の画像の赤丸のあたり。
大きな木と木の間です。

距離は20~40mの範囲で探ってみて、反応があったらそこを中心に攻めてみて下さい。

注意するのがウキ下の設定であまり深くするとアタリが少ないので水面近く30~50cmくらいのごく浅めでOKです。

時間帯ですが釣れるのは動きが活発になるピークタイムの間だけ。
それ以外の時間はめったに釣れません。

 

昼間と夜、どちらでも釣れますがどちらかというと夜間のほうが活性がいいように感じました。

 

おススメポイント その2

もう一つは画面上の場所。

 

ひと際大きい木の周辺がポイントです。

紹介したポイントにはいつも人が多いので、実際に釣れている人の投げている位置を参考にするのが手っ取り早いですね。

 

フラットヘッドキャットフィッシュ

ナマズですが早朝をメインに昼間釣れることの多い魚です。

アリゲーターガーが釣れない時間はこちらの魚を狙ってみてはどうでしょうか。

タックルはガーと同じですがフックサイズは少し小さい#5/0くらいが良く掛かります。

場所はガーのおすすめポイントその1と同じになります。

投げるところは下の画像を参照。

 

35~40m付近が一部深くなっているのでそのあたりを中心に狙います。
ウキ下はMax2.5mに設定。

使用エサはガーと同じですがコストを安く抑えたい場合はミディアムカットベイトでも釣れます。

ルア―で狙う場合はクランクベイトが一番でしょう。

 

ブルーキャットフィッシュ・フレッシュウォータードラム

ブルーキャットもガーおすすめポイントその1と同じ場所です。

タックル、エサについてもガーと全く同じですがコストを抑えたい場合ばミディアムカットベイトで釣るのがいいかと思います。

 

画面奥のほうに小屋が見えるのでそこを目印に。
岸から14~24mくらいが深くなっているのでそのあたりを狙います。

ウキ下は2.5m。
早朝、夜間が良く釣れる気がします。

また昼間は同ポイントでフレッシュウォータードラムが狙えます。

 

そこまで大きな魚ではないのでライトタックルで十分ですがブルーキャットがかかってしまった場合しんどいので強めのタックルで釣るのが無難です。

エサはナイトクローラ(大きなミミズ)。
フックサイズは#1/0または2/0で。

 

スモールマウスバッファロー 

この魚はブルーキャット、ドラムを釣る立ち位置から右手の場所がポイントです。

 

エサはナイトクローラ―、口が小さいのでフックサイズは#1/0です。

29m近辺が一番よく釣れました。
ウキ下は65cm。

ドラム、スモールマウスバッファローともに狙っている人が少ないので釣れるポイントを探すのに苦労しました。

とくにスモールマウスバッファローは投げる位置がちょっとずれただけで別の魚がかかってしまうことが多くなかなか釣り上げることができませんでした。

違う魚ばかり釣れるときは時間帯をずらして挑戦するといいでしょう。
朝イチはナマズや小魚ばかりでほとんど釣れませんでした。

8 :00AM ~10:00AM位の間が活性が高く、この時間帯にユニーク級2本獲ることができました。

 

まとめ

手っ取り早く稼ぐには大型のガー、ナマズ類を中心に釣るのが一番。

一日あたりではどう頑張っても7000~8000円ほどしか得られないのでそれなりの金額を手にするためには数日連続で釣りをする必要があります。

とはいえ200kgのフィッシュネットを満杯にするのにそれほど時間もかからないので以外と短時間でお金を貯めることができるのではないでしょうか。

エサ釣り中心の湖なのでルアー好きには物足りないかもしれませんが超大型魚が釣れるのはやはり魅力的です。

ぜひレコードサイズの魚を狙ってみてください。

それではまた。

今日はお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です