2019年9月28日 紀州釣り釣行記 静岡県用宗港 ツ抜けたいです part 2

こんばんは、めんだこです。

 

2019年9月28日、静岡県用宗港に紀州釣りに行ってきました。

先週は川のような潮の流れと雨降りのダブルパンチでとてもストレスの溜まる釣りでしたので、この日は一日楽しく釣りができることを祈りつつ、いつも以上に気合いを入れて港に向かいました。

 

午前4時20分 用宗港着・準備

到着後、明るくなるまでにダンゴの準備など済ませておきました。

午前5時過ぎ、日の出とともに釣り開始です!

 

風もなく潮の流れも緩やか!

これはいい感じではないでしょうか。

 

フィールド状況         

天候:晴れ
気温:最高27.4℃ 最低21℃
潮汐:大潮 満潮4:48、17:32 干潮11:08

 

 

ダンゴレシピ(カップ杯数)

・ヌカ:14
・砂:5

・ヒロキュー・生さなぎ黒鯛:2

・アミエビ:1ブロック
・ちゃんこ鍋のツユ:一袋(375g)

前回同様、オキアミの代わりにアミエビを混ぜ混ぜ。

それと今回は牛乳のかわりにちゃんこ鍋のツユ(液体タイプ)を入れてみました。

たまたまスーパーで特価品で売っており値段は180円。

旨み成分のアミノ酸も多いだろうと思うのですが果たして釣果に影響するのか?

 

持参した付けエサ

・生オキアミ
・自作のチーズ練り餌
・バナメイえび

 

チーズ練り餌は食用色素で黄色く染めて食い渋り入りイエロー風にしてみました。

それと前回釣行ではヒイラギが非常に多く苦労しましたので対策としてバナメイエビを忘れずに持ってきたのですが、代わりにサナギを家に置いてきてしまいました。

荷物の多い釣りですのでついやらかしてしまいます。

気を付けなければ。

 

 

フグの嵐

開始一投目、さっそくフグの登場です。

 

先週はほとんど顔を見せなかったフグですが一週間の間に復活したか?

ヒイラギが多いだろうと予想して用意したバナメイえびもフグ相手ですと役に立ちません。

ヘタに使うとそのエサ持ちの良さからずっとフグが齧り続けるため、針が無くなるorハリスをカジカジされることが多くなります。

では練り餌ならどうか?

ん~たまに盗られますがこちらは無傷で返却されますね。

これで粘っていれば本命が来るのかも知れませんが、あまり反応がないエサでずっと耐えるのはわたし的には無理!

なのでオキアミたまにバナメイで手返しよくダンゴをこまめに打ち込んでいきました。

午前7時、釣り開始から2時間ほど経ちましたが本日はボラやアイゴはお休みのようでダンゴアタリはまったくございません。

フグ以外の魚を寄せるために着底後30秒ほどで割れるよう握り加減で調整していますが、今のところダンゴが割れると一瞬ウキがピクッと動いてエサが盗られてしまいます。

時間にすると10秒持たない感じでしょうか。

ダンゴの周りはフグしかおらんのかと思いつつ釣り続けているとピクピクっとウキが動いた後ゆっくり沈んでいきました。

アワセを入れてあがってきたのは先週も釣れたマイクロチンタ

 

その30分後、同様のアタリで今度は手のひらサイズの小チヌ

 

なるほど、なんとなく今日のパターンが分かってきました。

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」ではないですがとにかくポンポンと手返しよくダンゴを打ちこんで、ダンゴ割れの後すぐにアタリがなければ即回収。

ひたすらマシーンと化してポイポイダンゴを放り込んでいく作戦を発動しました。

ほとんどは一瞬動くフグアタリしか出ませんが1時間に1~2回程度、極まれにチョンチョンスーっとウキが入るチヌアタリが出ます。

おかげで手のひらサイズのチヌが少しずつですが釣れてくるようになりました。

 

何とか釣れてはいるものの、この釣り方はしんどいですね。

一投にかける時間はだいたい3分以内といったところでしょうか。

休む間もなくダンゴを打ちこんでいくのでとにかく忙しいです。

でもその甲斐あってか午後17時前にはマイクロサイズを入れると計9枚のチヌを釣り上げることが出来ました。

こうなると見えてくるのが「ツ抜け」。

あと一枚、ですがここからが厳しいのです。

日も傾いて段々と暗くなり始めており、いつゴンズイが登場してもおかしくない時間帯。

もう祈るような気持ちでダンゴを投げましたが、

 

タイムアウト、ではありません。

ウキが見えないならダンゴブッコミで!

エサはゴンズイの口に入らないくらい大きく針付けしたバナメイえびです。

ダンゴもドラゴンボールサイズをドボンドボン打ち込みましたが暗くなってからは完全にアタリが消えました。

もう気力が持ちません。

午後19時前、納竿を決めました。

最終釣果はマイクロ含め小チヌ9枚。

 

またしてもツ抜けには手が届かずです。

 

あとがき

いやあ~本当に疲れる釣りでした。

釣れたには釣れましたがしんど過ぎて正直あまり楽しい釣りではなかった感じです。

サナギを持ってきていたらまた違ったパターンで釣りを組み立てることが出来たかもしれませんがこの日はこれが精いっぱいでした。

しかし本当にツ抜けは難しい。

数釣りの季節もだんだんと残り少なくなってきましたが一度くらいは達成してみたいです。

それではまた。

今日はお読みいただき本当にありがとうございました。

6 Comments

  1. 本当にお疲れ様でした!

    読み進めるにつれサイズアップしていって、ドカンと大物か?と思いきや、つ抜け狙いでしたか。
    惜しかったですね〜
    あと一匹くらい釣れてくれても良さそうなもんですが(笑)
    思い通りにいかないのが、また、楽しいところですね。

    私も来週末に行けたらいいなあ、つ抜け出来れば嬉しいなあ。
    お互い、いい釣りが出来ると良いですね!

    1. 梅の父さんこんばんは。
      最近はホームの港では釣れても小チヌばかりで大物はほとんど諦めております。
      マイクロサイズをカウントしてるところが情けないですが、小物でも6枚ほど釣れると「もしやツ抜け行くか?」とやる気が出てくるんですね。
      しかし二桁釣果は本当に厳しいです。
      でもこれだからやめられないというのもありますね(笑)

      梅の父さんもぜひ、ツ抜けチャレンジを!
      週末に台風が来そうなのが心配ですが良い釣りができるよう願っています。

  2. めんだこさん こんばんは。
    意気込み十分でも十匹の壁に阻まれましたか。後1匹は残念でした。
    それでも小チヌとはいえ数釣れていて、寄せがしっかり出来ていますね。
    私は相変わらずチヌボーズが続いているのですが、近くの釣り場を良く巡回している
    人から、ここのポイントで毎回10匹以上釣ってる人が居ると聞いて、何がどう違うの
    だろうと気になり、その釣人がたまたま知り合いで明日の準備と下見に来られたので
    色々と聞いてみると、寄せが出来ていればオキアミでも数が釣れるが、食いやんだ時
    に次に釣れる餌を早く見つけられるかで、数の上乗せが出来るかどうかが決まるとの
    返答でした。(私は遠投一辺倒で寄せが不十分なので、そこからの取組みが必要です)
    めんだこさんは数種類餌を準備されており、食いが落ちた時の餌のローテーションを
    うまくすれば、ツ抜け達成も目前ですよ。
    この2日間、北寄りの風が吹いたので、軟質発泡ウキを数種類使いこんでみました。
    投点は40m程で遠投性、視認性は予想通り、敏感性も思ったほど悪くはなく、ダンゴ
    割れ時はウキがすっと入ってすぐ戻るのが判り、フグ当たりもウキに出ていました。
    多分、浮力の部分をテーパーに加工せず、沈みを少なくすることで、あの有名なウキ
    のソロバン効果が実現出来ているのではないかと思っています。←単なる推測です。
    カーボンソリッド長さ30cmと50cmの比較では投げ易さは30cm、安定性は50㎜です。
    あの軟質発泡ウキを騙されたつもりで、めんだこさんも一度試して見てください。

    1. 評論家さんこんばんは。
      あと一枚まで来たところで焦ってしまいアワセのタイミングをうまくつかめなかったことも敗因のひとつかなあなんて思ったりしてます。
      あとは一つのエサで釣れていると他のエサでは食わないような気がして、釣れてるエサだけに固執してしまうことはありますね。
      このへんも見直さないといけないです。

      軟質発泡ウキ、試してみる価値ありですね。
      評論家さんのアドバイスをもとに一本作ってみることにします。
      今週末は台風が来るとのことで釣りに行けるか微妙ですが次回の釣行では試してみたいと思います。

      1. めんだこさん、こんばんは。
        相変わらず絶好調ですね、うらやましいです。

        多少サイズが小さくても沢山釣れれば楽しいですよね。

        私はというと、相変わらずの絶不調でして
        全く釣れていません。
        気分転換に先週の土曜日と本日西伊豆方面に行って来ました。
        結果はヘダイとアイゴに翻弄されましたが、なんとか35cmを一枚挙げれました。

        また今月の後半位からそちらに行きますので、よろしくお願いします。

  3. ややさんこんばんは。
    ありがとうございます!

    大物の気配は全くありませんが手のひらちょっとサイズの小チヌはありがたいことに良く釣れております。
    ただ日によってムラがあるようで活性の悪い日ですとボラすら寄ってこない時もあり、そんな日は本命も釣れて一枚とか厳しいです。

    西伊豆ですか~。
    釣りはしたことはありませんが水は綺麗だし魚も多そうですね!
    35cmの本命も釣り上げたとのこと、おめでとうございます!

    ぜひまた用宗に来てください。
    今週末は台風の影響で釣り出来るか微妙ですが海が落ち着いたらまた一緒に釣りを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください