【PCゲーム】Fishing Planet CALIFORNIA SAN JOAQUIN DELTA編 お金の稼ぎ方【2018.3.20 追記】

こんばんわ、めんだこです。

第4回目となります、Fishing Planetお金の稼ぎ方。
今日の舞台はカリフォルニア・サンホアキンデルタです。

最近のアップデートで新しくボートレンタルのサービスも開始されましたが、結構レンタル料金が高いです。(ゲーム内時間で4000円/日。場所によって値段も変わる)

あと釣っている最中に魚に引っ張られてボートの向きが変わってしまうのが嫌で一度だけしか利用していません。

なので今回はボート使用無しのポイントを紹介します。

 

ターゲットフィッシュ

ここで金策のために狙うのは
Striped Bass
Steelhead Trout
この2種類の魚です。

他にもエサ釣りでコイが釣れますが金を貯めることだけを考えると上記2種の魚をルアーで狙ったほうが効率がいいかと思います。

 

わたしの使用タックル

わたしが使っているのは
ロッド:Far Caster 260
リール:VorteX 4000
ライン:Braid 0.23mm
ルアー:crankbait 2.5m #3/0
                            5m #3/0
    Popper 21g  #4/0

最近はベイトタックルでの釣りにハマってます。
今回は夜釣りとなりますのでクランクベイトは夜光タイプを選んでください。

あ、そうそう。
夜釣りに欠かせないヘッドランプですが、もし持っていない方はがんばって夜間に100匹、なんでもいいので魚を釣ってください。
Night Shifterとかいう称号とともにプレゼントされます。

ショップにも売っていないので、わたしもDLCを買わなければいけないのかと思ってました。

 

ポイントその1 桟橋付近

どうも夜はストライプバスの活性が高いようですね。
主に釣れるのはこの魚で、たまにスモールマウスバス、スチールヘッドトラウトが掛かるといった感じです。

このポイントは3本の桟橋がありますがどこを選んでもかまいません。
いちばん右側のダム寄りの桟橋から正面~右手ダム方面を狙うとトラウトが釣れる確率が高くなります。

 

今日は真ん中の桟橋でやってみることにします。
ちょっと分かりづらいですが対岸に風車が回っているので、そのあたりを中心に探るといいと思います。

このあたりは桟橋正面の広範囲が全部ポイントと言ってもいいくらいなので色々投げまくってみてください。

 

ルアーアクションについて

クランクベイトの場合タダ巻きでは釣果が伸びません。

着水後、リールを1回転してストップ。
少し間を置いてもう1回転または2回転してストップといった具合で中層をゆっくりと探っていくといいでしょう。

あまりごついタックルで臨むと微妙なアタリが分かりにくかったりするのでほどほどに。

上で紹介した、わたしの使用タックルですと細かいアタリも良くとれるので参考にしてみてください。

 

このストライプバスですが、調べてみるとバスと名はついているものの、どちらかというとスズキに近い魚のようで夜間活発にエサを漁るようです。

ポッパーの場合はわたしも色々と試行錯誤中ですが、ずっと連続でポッピングさせるよりも2,3回ポッピング後ほんの少しストップさせる感じで動かしています。

 

あとポッパーは足元近くまで来ても油断しないほうがいいです。
上の画像だと残り9mの近距離で魚がヒットしました。

クランクベイトとポッパー、それぞれの動かし方を動画にしたのでこちらも参考にしてください。

 

 

 

ポイントその2 ダム周辺

続いてのポイントはダム回りです。
ここではスチールヘッドトラウト、それとチヌークサーモンが良く釣れます。

 

 

良く釣れるのは画像真ん中の岩の両端付近。
ここをクランクベイト、ポッパーで丁寧に探っていくとヒットします。

 

重量あたりの値段はストライプバスよりもスチールヘッドのほうが上ですね。
引きもトラウト、サーモンのほうが強いです。

 

 

あとは反対側のこの岩付近も狙い目です。

 

ここではチヌ―クサーモンが釣れました。

 

 

あとがき

この場所で釣りをしてけっこうたちますが未だにユニーク級のストライプバス、スチールヘッドが釣れません(泣)

チャットを見ているとちょこちょこ釣れているようなんですが・・・?
もう少しこの場所で粘ってみることにします。

読んでいただきありがとうございました。

 

【2018.3.20 追記】公式アップデートによる影響について

2018年3月13日の公式アップデートでルアーのアクションが大幅に変更になりました。

ルアーの重量による沈下スピードの修正、リトリーブスピード別のアクション変更などが主な変更点です。

特に大きかったのが沈下スピード

軽いルアーは沈むのが遅く、重いものは早いと、まあ当たり前のことなのですが今まではどの重さのルアーも同じような沈み方をしていたので重量って飛距離の違いくらいしか意味ないのでは?と思ってました。

今回のアップデートによって今までブログで紹介してきたルアーでの攻略が通用しない場面が多くなってきております。

ただ釣れるポイントや有効なルアー自体は今まで通り。

エサ使用のウキ釣りにいたってはアップデートの影響はほぼないと考えていいでしょう。

また新しい攻略法などまた紹介できたらと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください