【PCゲーム】Fishing Planet MICHIGAN SAINT-CROIX LAKE編 お金の稼ぎ方 【2018.3.20 追記】

こんばんは、めんだこです。

今回で第3回目の記事となります「Fishing Planet」

相変わらずの無課金で頑張っております。
前回までOREGON・FALCON LAKEでひたすら金策&LVアップにいそしんでいましたが、ある程度懐具合に余裕が出てきたので場所を変えることにしました。

選んだのは「MICHIGAN SAINT-CROIX LAKE」。
セントクロイ・・・どこかで聞いたことが?

あ、そうそうアメリカのルアーロッドメーカでした。
ちなみにわたしもスピニングロッドを1本所有してました。
(最近は紀州釣りばかりで仕舞いっ放し。すっかり忘れてました。)

はたして需要があるかどうか分かりませんが、今日はセントクロイ湖での金策ポイントを紹介します。

 

ターゲットフィッシュ

主に狙うのはこの2種類です。

・NORTHERN PIKE
・BLUE CATFISH

ブルーキャットフィッシュはアメリカナマズをさらにデカくしたような魚です。

ナマズの賞金はkgあたり約70円。(ホントは違うかもしれませんが分かりやすく賞金の単位を円にしてます。)
ノーザンパイクは約170円/kgです。

ノーザンパイクは換金率は高いのですがこの魚のみで稼ぐとなると、そうポンポン釣れないので結構時間がかかります。

ナマズは金額こそ低いものの一匹の重量が大きく、時間帯によってはかなり釣りやすくなるのでこの2種類の魚をうまく釣り分けていくと比較的短時間で稼ぐことが可能です。

 

ノーザンパイクのポイント

良く釣れているのはここです。

 

ここから対岸の赤丸の場所まで少し歩きます。

 



ルアー、エサ釣りどちらでも釣れますが、数釣るならエサ釣りのほうがいいと思います。

 

ルアーで狙う場合

下の画像の位置からキャストするといいでしょう。
手前にある茂みの中、あるいは茂みから出てすぐにヒットすることがあるので、あまり草むらギリギリの場所よりも離れていたほうが、より釣りやすくなります。

 

参考までにわたしの使用タックル
ロッド:Loki 270
リール:Espira Doble Punch 6500
ライン:Braid 0.23mm または0.28mm
ルアー:Crankbait 1m #3/0
               : medium spoon 42g #4/0または56g #6/0

ルアーアクションですがクランクベイトの場合はただ巻き、スプーンは中層をstop&goで引いてくるといいと思います。

 

エサ釣りの場合

エサの場合は草むらにギリギリまで近づいて狙います。

 

岸から10~15m範囲に投げます。
ウキ下は70~100cmくらいで。
使うエサはshiners、フックサイズは#4/0~#7/0。

shinerよりも大きいLarge minnowでも釣れます。
この場合ノーザンパイク以外にマスキーという魚が良く掛かります。(賞金はパイクのほうが上です。)

shinerで十分釣れるので値段の高いLarge minnowは使わなくてもいいでしょう。

ただセントクロイのショップではLarge minnowしか売っていないので旅行前にshinerを買いだめしておくことをおススメします。

釣り方のコツとしては、まず15m近辺にエサを投入。
少し待って反応が無ければ少しずつ手前に仕掛けを引っ張って様子を見ます。
10mくらいまできて何もなければまた再投入してください。

アタリが来る前にはたいていメーターの上のウキマークが斜めにブルブル震えます。
このときにアワセても針にかからないので、ウキが見えなくなるまで慌てず待ちましょう。

 

 

ナマズ(Blue catfish)のポイント

ナマズは湖奥に浮かべられたイカダから釣ります。

 

狙うのは岸壁に係留されている船の近辺。

 

ウキ下は250cm、フックサイズは#4/0~#7/0。
エサはMedium Cutbaitです。

large Cutbaitのほうが食いはいいですが値段が高いのでMedium Cutbaitを使ってます。
ちなみにMedium Cutbaitも現地ショップでは売っていない(LargeCutbaitのみ販売)ので事前に大量に買いだめしました。

釣れる時間帯は断然夜です!
昼間はほとんどアタリが無いので時間を進めて21時ぐらいから釣りましょう。

ルアーで狙うことはあまりないと思いますがシャッド系のソフトルアーで湖底をstop&goでゆっくり引いてくると釣れたりします。

 

 

上手く掛かるとこんなのが釣れます。
完全に目が死んでますね・・・。
ヘッドライトに照らされると不気味です。

 

その他の魚

パイクとナマズ以外にはルアーでスモールマウスバスとウォールアイが良く釣れます。
ウォールアイも夜行性の魚のようですが昼間でも釣れます。

 

上記2種の魚はナマズイカダの真裏がポイントになるのでナマズに飽きたら狙ってみてください。

 

あまり大きいものは釣れませんが、それなりにお金になります。
夜光のワームを遠投後、リフト&フォールで良く釣れますよ。

それでは皆様よいフィッシングライフを。

 

今日は読んでいただきありがとうございました。

 

【2018.3.20 追記】公式アップデートによる影響について

2018年3月13日の公式アップデートでルアーのアクションが大幅に変更になりました。

ルアーの重量による沈下スピードの修正、リトリーブスピード別のアクション変更などが主な変更点です。

特に大きかったのが沈下スピード

軽いルアーは沈むのが遅く、重いものは早いと、まあ当たり前のことなのですが今まではどの重さのルアーも同じような沈み方をしていたので重量って飛距離の違いくらいしか意味ないのでは?と思ってました。

今回のアップデートによって今までブログで紹介してきたルアーでの攻略が通用しない場面が多くなってきております。

ただ釣れるポイントや有効なルアー自体は今まで通り。

エサ使用のウキ釣りにいたってはアップデートの影響はほぼないと考えていいでしょう。

また新しい攻略法などまた紹介できたらと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください