2019年5月25日 紀州釣り釣行記 静岡県焼津新港 ダメでした・・・

こんばんは、めんだこです。

 

2019年5月25日、静岡県焼津新港に紀州釣りに行ってきました。

初めに言ってしまうと今回の釣行、釣果は本命はおろかメジナさえ釣れませんでした。

記事紹介の画像に訳の分からない魚が使われていたら「ああコイツ、全然釣れてないんだな」と察していただけると幸いです(泣)

 

25日 午前5時46分 焼津新港着・準備

前の晩に飲み過ぎてしまい朝起きれませんでした。

用宗でしたらこの時間はがら空き状態なのでポイントは選び放題ですがそこは焼津新港、非常に人気のある場所なのですでに釣り客で堤防は埋まっていました。

さてどうしたものかと思っているとちょうど場所替えをするという投げ釣りの方がいましたので入れ替わりに入らせていただくことが出来ました。

 

本日のフィールド状況

天候:晴れ
気温:最高27.8℃ 最低15.9℃
潮汐:中潮 満潮8:40 17:52 干潮15:35

 

ダンゴレシピ(カップ杯数)

・ヌカ:8
・砂:4

・チヌグルメ:1袋
・サナギ粉(細挽き):1
・押ムギ:1
・生オキアミ:8切りブロックから付けエサ分を除いた全量

 

前回メジナが良く釣れたので今日もオキアミたっぷりダンゴです。

今回ヌカの在庫があまりなかったのでチヌグルメを一袋すべて投入してかさ増ししました。

おかげでかなり色の濃い、赤いダンゴとなっております。

 

持参した付けエサ  

:生オキアミ(ブロックから採取)
:バナメイえび

 

午前6時過ぎ、釣り開始

釣りを開始してから気づいたのですが今日はなんだか海の色がおかしいですね。

茶色っぽく濁っています。

そろそろ田植えの時期なのでおそらく田んぼから出た水が川から海へ流れ込んでいると思われます。

この濁り、魚の活性に影響するのでしょうか?

ダンゴの投点は約15m。

比較的近距離を攻めていきます。

40分ほど投げ込んだ頃でしょうか。

ウキにモゾモゾと反応が出ました。

あわせると何か掛かっています。

釣れたのは手のひらサイズのヘダイでした。

 

とりあえずスカリに放り込んでおきます。

たくさん釣れたら昆布締め用に持って帰ろう。

その後10分ほどでまたウキがはいりました。

引きの強さからしてまたヘダイかな?と思ったのですが今度はなんと小チヌでした。

サイズはヘダイより小さいかも・・・写真を撮ろうと手のひらに乗せたとたんに暴れ出し、海にポチャン。

そのまま逃走してしまいました。

これほど小さなチヌがいるのだったら連発しそうなものですが何故かその後は沈黙したまま。

エサは盗られまくりますがウキにはまったく反応が出なくなりました。

 

ところで今日も当ブログやYouTubeにあげている動画を見てくださっている方にお会いすることが出来ました。

ブログを始めてからたまに釣り場で声をかけて頂くことがあるのですがこんなブログでも見てくれる人がいるんだなあと思うと嬉しくなります。

あまりお話はできませんでしたが帰り際にボケまでいただいてしまいました。

ありがとうございます! 大切に使わせていただきます。

 

チヌ 釣りエサ ボケ

実をいうとボケは今まで一度も使ったことがありません。

値段が高いというのが一番の理由でしてエサ盗りが多くなった昨今、本命が釣れる前に食われてしまったらもったいないと思い買ったことはありませんでした。

頂いたこのボケ、今の時間はフグが猛威を振るっているので恐ろしくて針に付けられませんがしかるべき時が来たときは投入してみます。

 

さて時刻は午前9時を回りました。

わたしは相変わらずアタリが全くありませんが周りではヘダイや25cmほどのチヌがぽつりぽつりと釣れています。

特にチヌについてはフナムシで釣れたようなのでわたしも釣りをいったん中断してフナムシ狩りの旅に出かけました。

 

「海のゴキブリ」と呼ばれるほどの虫です、気分を害する方もいらっしゃるかと思いますので一応モザイクを掛けました。

港内をあちこち巡ってやっとこれだけ。

まだ本格的に湧いていないようで群れも小さく捕まえるのに苦労しました。

で、オキアミからフナムシに替えて数投。

はじめこそフグに瞬殺されていましたが途中から興味が無くなったのか齧られもしなくなりずっと残ったままに。

釣れる気がまったくしません。

せっかく獲ったフナムシでしたが結局ほとんど減ることもなくまた放流することになりました。

 

アタリが無いまま時間だけが過ぎていきます。

ここまで15m程度の距離を攻め続けてましたが少々飽きてきたこともあり午後14時過ぎ、更に近い10m程の距離にポイントを変更しました。

ヤル気が薄れてくるとポイントが近くなりがちです

それでもフグが大人しくなったのでしょうか、少し前からオキアミが残ってくるようになったので満を持して頂いたボケを投入。

数投後、今までうんともすんとも反応が無かったウキがスコンッとはいりました。

こ、これは、

 

一瞬ゴンズイか?と思いましたがアナハゼでした・・・。

このサイズでボケを飲み込めるとは思えませんが、エサをつついているうちに針に掛かってしまったのでしょうか?

何にせよ、今の時間はダンゴの周りにフグがいないようです。

付けエサはボケのままさらにダンゴを投げ続けるとまたウキがスコーンと。

 

今度は手のひらヘダイでした。

その後、同サイズのヘダイをもう一枚追加できましたがアタリがあったのはここまで。

以降、夕方18時半過ぎまで粘りましたが何も釣れず。

最終釣果は手のひらヘダイ4枚と微妙な結果に終わりました。

 

今日は釣り場の皆さんが何故かわたしのスカリに釣れた魚を放り込んでいくので帰りにはこんなに賑やかに。

ほとんど自分の釣った魚ではありませんが・・・。

こんなたくさん食べきれないので死んでしまったチヌとヘダイを一枚ずつ持ち帰り、残りの生きている魚はリリースしてきました。

 

 

翌26日(日) 用宗港で

翌日はもともと用事があったため釣りをする予定はなかったのですが用宗はどんな感じか昼頃に様子を見に行きました。

前日の焼津と違い用宗は田んぼの水の影響が少ないのか、水の色もきれいです。

釣り仲間の方がダンゴブッコミをやっておられたのでスカリの中をのぞかせてもらうと30cmほどのメジナ3枚とヘダイが1枚釣れていました。

見ているとけっこう頻繁にアタリがあり相当魚が寄っている様子。

こんな楽しそうな状況を見てしまうともうダメです。

早々に用事を済ませ、エサを買い出しに行き午後14時前に再び用宗港に向かいました。

 

この日もヌカが手に入らなかったため、貧乏釣り師としては大盤振る舞いのマルキュー・速戦爆寄せダンゴを一袋全部、昨日のダンゴの残りに放り込みました。

 

ダンゴ投点は20m程度

潮の流れは緩く、釣りやすい感じです。

少し経つとダンゴに何か寄ってきたようでウキに反応が出始めました。

午後14時24分、ウキがスッと入ったのであわせるとそこそこの引き。

 

丸々肥えたウグイでした。

サイズを測るとちょうど40cm、なかなかの大きさです。

ダンゴに寄ってきているのはウグイなのでしょうか?

その後も頻繁にアタリは出るのですが針掛かりせずすっぽ抜けばかり。

次に釣れたのは2時間後の午後16時過ぎでした。

 

またウグイです。

これも40cm超えてましたがタイやメジナに比べると引きは弱いので掛けるとすぐに分かります。

その後は海面が池のように静まり返りいかにも釣れそうな雰囲気になったのですがアタリも消えてしまいました。

 

午後18時、日が沈みます。

これにて納竿、良い感じの雰囲気だったのになあ。

 

 

あとがき

焼津、用宗ともに撃沈でしたが本日5/31、仕事帰りに釣具店に寄ったところ用宗の釣り仲間M さんと遭遇。

なんでも今週は30cmほどのメジナが良く釣れているとのこと。

今週末も焼津に行こうかと予定してましたがこれを聞いて計画変更。

用宗で釣りすることにします。

タイは相変わらず厳しいようですがメジナならいけるか?

明日6/1、頑張ってきます

それではまた。

今日はお読みいただき本当にありがとうございました。

 

8 Comments

  1. めんだこさん こんばんは。
    スカリが魚で一杯の賑やかな状態で、今年もヘダイ祭りが期待できそうな感じですね。
    私の最近の紀州釣り釣果は、キビレの30cmちょっとが1匹釣れただけと貧果です。
    但し、夕方サビキ釣りをすると20cm程のアジやマイワシ、ちょっと小さい片口イワシが
    たくさん釣れます。(感覚的には良い時にバケツ1杯分位)
    釣りものが増えて嬉しいのですが、チヌは既にイガイに付いて落し込みでやる人は
    すぐに釣れていますが、紀州釣りにはなかなか振り向いてくれなさそうです。
    冬場からダンゴの遠投練習をたっぷり実践しており、そろそろ釣れて欲しいところです。

    1. 評論家さんこんばんは。
      確かにスカリはいっぱいなのですが自分の釣った魚は手のひらヘダイ4枚と寂しいかぎりなので・・・。
      1人でこれだけの釣果でしたら言うことなしなんですが全然ダメでした。
      わたしに比べたらキビレの30cmは素晴らしい釣果ですよ!
      おめでとうございます!

      サビキでバケツ一杯とはスゴイですね。
      用宗でもカタクチイワシや小サバが釣れ始めましたが一日頑張ってもその1/5くらいの釣果だと思います。
      すでに落とし込みでチヌが釣れているのですね。
      落とし込みですと勝負も早いし紀州釣りで反応が無い時に隣でササっと釣られるとガッカリすることが良くありました。
      時期的にはそろそろのはずだと思うのですが。
      わたしも諦めずにダンゴを投げに行ってきます。

  2. めんだこさん、こんばんは。

    本命ゲットおめでとうございます。
    小さくても黒鯛なのでうらやましいです。

    私はというとGW以降は二回程行ったのです
    が、どちらも4時間釣行という短い時間の中での釣りになってしまい、本命は釣れませんでした。

    明日は朝から何処かに行こうと思っているのですが、場所に迷っています。
    最近少し清水港の釣果があがっているので清水港を見ながらもし場所が空いてなかったら用宗に行きます。

    1. ややさんこんばんは。
      手のひらヘダイよりもさらに小さい本命でしたがゲットしたと思ったら手が滑って海に帰っていきました。
      とはいえ一応チヌだったので釣れてうれしかったです。

      GWは本命が出ませんでしたか。
      紀州釣りで4時間ですとポイントを作ってそろそろ寄ってきたか・・・くらいの感じなので厳しいものがありますね。
      ノッコミが終わってチヌの活性もイマイチの時期でしたし、これからまた釣れ始めるのではとわたしも期待しています。

      清水は釣果が出ているのですね。
      用宗はチヌの気配はほとんど感じませんが今日釣り仲間の方から聞いた情報ではメジナなら釣れるよとのことでした。
      ただ土曜日は午前中、シラス漁をやっていることが多く明日も恐らく出漁するのではないかと。
      そうなるといつも釣りしている航路は船が頻繁に行きかうため四六時中漁船の引き波が押し寄せる形となり釣りはしにくいかもしれません。
      とりあえず朝6時くらいに様子見に行こうと予定しています。

  3. お疲れ様です!
    ああでもない、こうでもないと悩めるって、いいじゃないですか!
    6/1も出撃されるということですから、釣行記を楽しみにしていますよ〜
    私ゃ、いつ行けるのか。。。日曜日どうだろ

    爆寄せダンゴって、結構なお値段するんじゃないですか?
    奮発しました?
    使い勝手はいいのでしょうね。

  4. 梅の父さんこんばんは。
    釣りの最中もなんとかしてアタリを引き出そうと頑張ってはいるんですがうまくいかないもんですね。
    今日6/1もホームの用宗に行ってきたのですがヘダイが一枚つるのがやっとで本命の気配さえつかめませんでした。
    途中で暴風になり帰りましたが何とも消化不良な感じです。

    爆寄せダンゴはごくたまーに使いますが一回の釣りで一袋全部使ったのは初めてです。
    たしか1000円近い値段だったような・・・?
    握った感じは多少ベタツキ感があるものの握りやすかったです。
    臭いもきつくいかにも釣れそうな、濃厚ダンゴになりました。
    ただ奮発した割にウグイ2匹では悲しくなってきます(泣)

  5. めんだこさんこんばんは!毎回欠かさずこのブログを見ていますが、チヌこそ釣れなくても、読んでいてとても面白いです!今年もそろそろ落とし込みの季節がやって来ました!行きたくてウズウズしてますが焼津の港はどこもイガイの付き具合が良くなく、餌確保に苦労しそうです・・・。こういうときこそ、ダンゴに挑戦するチャンスですねww

    1. 栃平さんこんばんは。
      コメントありがとうございます!
      毎回記事を見て頂けてるということでとても励みになります。
      本命がなかなか釣れないわたしですがこれからもよろしくお願い致します。

      落とし込みもそろそろ開幕ですか。
      そういえばこの間も用宗の岸壁際にいいサイズのチヌが何枚か浮いていました。
      落とし込みで狙えばもしかしたら・・・ですがエサが無かったので断念しました。
      手軽な装備で勝負も早い落とし込みですがイガイやカニの確保が問題ですね。
      エサが手に入りそうになければダンゴで遊んでみるのもいいと思います。
      ぜひぜひやってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください