2017/11/05 紀州釣り釣行記 3週間ぶりの釣行です

こんばんわ めんだこです。

台風続きで3週間ぶりの釣りとなってしまいました。
今回もホームグランドでの釣行です。

 

朝5時 釣り場到着

前日から寝ずに来てしまいました。
悪いクセです。

釣行前はワクワクして眠れず、そのまま釣りに行ってしまうことが多いです。
直そうとは思っているのですが・・・。

 

朝5時到着、早く来すぎました。

真っ暗ですがすでに釣り人は5人ほどいます。
全員ルアーで聞いてみるとカマスが釣れているそう。

とりあえずダンゴの準備などしながら明るくなるのを待ちます。

本日のダンゴレシピ(カップ杯数)
ヌカ:13
砂:5
サナギ粉(細挽き):1
集魚剤(チヌグルメ):1
アミエビ:1ブロック

昔はいろんな集魚材を混ぜていましたが今はだいぶシンプルな配合になりました。

上記配合でおそらく500円前後かと思われます。

ダンゴ釣りはお金がかかると思う方もいますが、堤防で1日楽しむ程度なら工夫次第でだいぶ安く抑えることも可能なのです。

 

朝5時40分 釣り開始

まだ暗いですが釣りを始めます。

ウキが視認できる明るさではないのでダンゴブッコミでスタート。
投点は20mほど。

海面は波ひとつなく穏やかですが潮の流れが相当きつく、ハリスに打った3Bのガン玉では流されてしまいます。

ガン玉を5Bに変更してようやく落ち着きました。

開始当初からダンゴアタリが連発。
魚の活性は高いようです。

ダンゴが割れてからの微妙なアタリを掛け合わせてみると強烈な引きが。
針外れでバラしてしまいましたが、おそらくボラでしょう。

ダンゴブッコミでのタイのアタリが未だによく分かりません。

ヘタにアワセをいれるとボラばかりになりそうなので、向こうアワセで勝手に掛かるのを待つことにしました。

 

朝7時、風もなく非常に穏やかですが潮の流れが止まりません。
ここで穂先がグイっと引き込まれました。
あがってきたのは20cmほどのサンバソウ。

 

今日はフグは留守なのか、付けエサがオキアミでもだいぶ持ちます。
このサンバソウもオキアミで釣れました。

 

朝9時30分 本日の一匹目

今日は自分以外に釣り仲間が2人、竿を出しています。
お二人ともかなりの腕前なのですが今のところ釣果無し。

その釣り仲間の方に頂いたどら焼きを頬張っていると、前触れなく穂先が引き込まれました。

あわててやり取りすると釣れたのは20cmちょいのチンタ。

 

竿を持っていかれるぐらいの強烈なアタリに反して、だいぶサイズが小さいです。

欲を言えばもう少し大きければいいのですが、釣れただけでもありがたいことです。

この一匹のあと、続けてまたアタリが来ました。
今度はヘダイです。

 

変な引きだったのでおかしいと思いましたがこのヘダイはスレ掛かりでした。
他にもこんな魚が釣れました。

 

隣の釣り人に教えてもらいましたがダイショウサギという魚らしいです。
大きさは15cmくらい。
(2018/1/17訂正:ダイショウでなくダイミョウサギでした。)

午前11時ごろからは潮の流れも緩んできたので、ようやくウキを付けての紀州釣りに変更です。

 

この日使ったウキです。

浮力アップのためボディのサイズを大きくし、トップも6mmのストロー使用で視認性もバツグンです。

トップの塗装は下塗りの白を塗らずに蛍光塗料のみで仕上げましたが、光が透けるために逆光時でも見やすかったです。

 

午後に入り、ウキ釣りで2匹

午前にヘダイを釣ってからアタリのない状態が続きましたが13時すぎ、またダンゴにサワリが出始めました。

 

13時45分、本日2匹目のチンタ。
オキアミに食ってきました。

バナメイえびや練り餌も試しましたがこの日はオキアミ以外に反応はありませんでした。

さて、14時過ぎくらいからは釣り仲間の1人にアタリが集中し次々と本命を釣り上げてました。

サイズは20~25cm中心ですが40cm越えも2枚あげて独走状態。

わたしも負けじと粘りますがなかなかアタリが来ません。

15時過ぎに3匹目のチンタ。

 

本日自己最大の25cm。
これ以降はボラが付けエサを食ってくるようになり、ボラ祭りになってしまいました。

 

11月に入って暗くなるのも早いですね。
チヌの気配も無くなったので午後17時、納竿することに。

最終釣果はチンタ3枚、ヘダイ1枚でした。

 

 

あとがき

午後に入ってからの釣り仲間の方の本命連発は見事でした。

完全にその人のポイントだけ魚が寄っている感じで、40cmオーバーも含めて10枚以上はあげてました。

16時前には帰られましたが、続けていればもっと釣果は伸びたでしょう。
エサを聞いたところバナメイに食ってきたものがほとんど、とのこと。

わたしのほうはというと最後までバナメイは不発でオキアミにしか反応を示しませんでした。

次回はわたしも魚のサイズアップができるように頑張ります!

今日は読んでいただきありがとうございました。

 


2 Comments

  1. 次に期待が持てる内容だったのではないでしょうか!
    しかぢ、お隣だけ釣れるというのは何でしょうね。
    奥深いです。。。

    ところで、めんだこさんも眠れないのですか⁈
    私もです。
    一年くらい前までは眠れたのですが、最近は全くダメです。
    それでも暗くして布団に入ていると疲れが取れるのでそうしていますが、かなり苦痛な時間です。
    眠れる方法はないかと色々試すのですが、未だ成功していません。

    1. 梅の父さん、こんばんは。
      タイの顔を見られるだけでもありがたいのですが、なんとかサイズアップしたいのが本音です・・・。
      隣の方ですが、だいぶ前にオモリだけを付けて海底の地形変化を念入りに調べたことがあるそうです。
      なにかしら魚が寄りやすい根などがあって、そこをポイントにしているのでは?と思ってます。

      梅の父さんも眠れませんか!
      私の場合、釣り前日の準備段階で気合いが入りすぎてしまうのか、どうも寝付けません。
      布団に入っても眠れないのはきついですよね。

      それでも釣りの最中は集中してるのでいいのですが、家に帰るともうグッタリです。
      眠れる方法があれば私も知りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です