2017/07/30 紀州釣り釣行記

こんばんわ めんだこです。

 

2017年7月30日(日)、今日もホームグラウンドへクロダイ狙いの紀州釣りです。

先週はクロダイの顔を拝むことができずかなり不満の残る結果でした。
今回は一匹でもいいので釣りあげられるように頑張りたいと思います。

朝4時50分 釣り準備。

前日、なかなか寝付けずウキの補修やらなにやらやっていたらもう朝4時に。
釣りに行く前はいつもウキウキして気分は遠足前の小学生と同じです。
結局ほとんど寝ないで釣り場に来てしまいました。

高水温のこの時期、普通はエサ取りが多いのですが前回まったく魚が寄らなくなる時間が長すぎたことを踏まえ今日も集魚強めでいきます。

今日はサナギ粉の代わりに「マルキュー・チヌパワーV9遠投」(写真撮るの忘れました。)を購入。

前回使った「マルキュー・アケミパワー」も残っているのでこの二つの集魚剤をダンゴに配合します。

 

本日のダンゴレシピ

ヌカ:砂:集魚剤=4:4:2(チヌパワーV9、アケミパワーがそれぞれ1ずつ)

アミエビも買ってきたのでこれは解凍できしだい混ぜることにします。

 

朝5時10分、釣り開始

今日は潮の流れが速く、ダンゴが割れるとあっという間にウキが流されます。

 

紀州 ダンゴ杓

ふだんあまり使わないダンゴ杓で20m程度沖目を攻めていましたがあまりに速い潮に断念。

すこしだけ流れの緩い10m近辺に投点を変更して釣りを続けます。

潮の速い時はトントン~底を切るタナではダンゴ崩壊と同時に付けエサがウキに引っ張られ魚に食わせる間がとれません。
流れに対抗するためウキ下も1ヒロからどんどん深くしてハワセ幅を長くしていきます。

 

魚がいない・・・

開始してから2時間ほどたちましたが、先週に引き続き魚がいません・・・。
いつもなら朝イチはウグイの猛攻からはじまるのですが今日は留守のようです。

それでもフグだけは相変わらず群れているようで毎回かならずオキアミはとられます。

今日持参した付けエサは砂糖漬けのオキアミ、コーン、サナギ、練り餌、そして豚レバーの「チヌにこれだ!!」漬け

このうちアタリ(おそらくフグですが)がでるのはオキアミと豚レバーの2つ
残りのエサには全く反応がなく、ずっと針に残ったまま。

とりあえずオキアミ、豚レバーを交互に使っているとウキが沈みました!

ちゃりこ01

あがってきたのはチャリコ(マダイの稚魚)でした。
大きさ8cm。即リリースです。

結局午前中釣れたのはこの一匹だけでした。

 

ひとりだけチヌの反応が!

この日はわたし以外に4人の釣り仲間がダンゴ釣りをしていました。

そのなかでひとりだけ、午前中に2枚釣りあげた方が!
サイズは30cmほどです。

その方のとなりでしばらく釣りを拝見させてもらいましたが確かにチヌのようなアタリがでています。

ちなみにその方は紀州釣りではなく、ウキをつけないダンゴブッコミスタイル。

穂先の動きでアタリをとるのですが、ダンゴが割れてしばらくするとモゾモゾとアタリが出始めました。

そのまま待っているとゆっくりと穂先を絞り込む本アタリ。
しかし食いが浅いのかなかなか針ガカリしないようです。

 

午後13時、釣り座を変更

午後に入っても自分の釣り座は相変わらずの状況です。
このままではどうしようもないのでこの場所での釣りを断念。
13時過ぎに午前中釣果の出た方の隣が空いたのでそちらに入らせてもらうことにしました。

今度の場所はそれほど流れがきつくありません。
ハワセ幅も50cm程度に短くしてダンゴを打ち続けます。

しかしここでも魚の反応はゼロ。
午前中やっていた方はボラを何度かかけていたのですが、わたしのダンゴは口に合わないのか魚の気配すら感じられません。

対して5m程となりではずっとアタリは出続けている様子。
午後、30cm位のサイズをさらに一匹追加し計3匹のチヌがスカリに入っています。

このままではまたボーズ、です。

 

午後15時 再度釣り座変更

ずっとアタリが出続けていた釣り仲間の方が帰られるので、空いた場所に入れさせてもらえることになりました。
最終的にこの方、4枚のチヌを釣りあげておられました。
もうなりふり構ってはいられません。これが今日最後のチャンスでしょう。

帰り際、ダンゴの投入ポイントなども丁寧に教えてくださりました。
本当にありがとうございます。

さて、場所替えしてビックリしたのが魚の反応。
さっきまで釣っていた場所とほんの少ししか離れていないにもかかわらず一投目からウキにアタリが出ました。

これは期待が持てそうです。

ただ食い渋っているのか、なかなかアワセを入れるほどのアタリは出してくれません。

 

午後16時、チヌ到来

釣り座変更から一時間後、チョンとした前アタリのあとゆっくりとウキが消し込みました。
充分食い込ませてから合わせると重量感のある引きが!
あがってきたのはちょうど30cmのチヌでした。

チヌ

今日もボーズと思っていたのでやっと一安心です。
このあともう一度、チヌと思われる魚をかけました。
ただアワセが甘かったのか針外れで痛恨のバラシ。

その後は反応も徐々に薄くなり午後18時過ぎ、本日の釣りを終了しました。

 

あとがき

今日は先週に引き続きかなり厳しい釣りでした。

釣り仲間の方のご厚意がなければチャリコ一匹で終了しなければいけなかったと思います。

なぜ一箇所だけにチヌが寄っていたのかは分かりません。
港を散歩中の地元の方とも話しましたが今日はウキフカセやカゴ釣りでも釣果はナシ。
港の中でチヌが釣れていたのはこの場所だけのようです。

小さな港ですが、今年は毎回釣れる場所が変わるのでいつになく難しいと感じています。

次回も何とか釣れるように頑張りたいと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

 


2 Comments

  1. こんにちは、長丁場の釣りお疲れ様でした。
    最後にいいのが釣れてよかっですね(^^)☆

    豚レバーをエサにするんですね(゜o゜)
    クロダイは悪食だと聞きますがそういうのも食べるんですね。

    1. しろボーイさん、こんばんは。
      釣れたというより、釣らせてもらった感が強いです・・・。
      豚レバーですが結局フグのみで終わってしまいました。
      午後になったら腐ったのか異臭が漂ってきたので大失敗です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください