2018年6月24日 紀州釣り釣行記 静岡県用宗港

こんばんは、めんだこです。

 

2018年6月24日(日)、本日もHGで紀州釣りです。

もともと前日の23日(土)、予報では午後から雨ということで午前中に釣りに行く予定でしたが意外と早く降ってきたので断念。

先週の悪天候といい、最近は全然予報があてになりません。

 

朝5時12分、用宗港到着・準備

待ちきれず来てしまいましたが、前日からの雨がまだ止まず・・・。

仕方ないので車の中でしばし仮眠をとります。

 

午前7時前にようやく小降りになりました。

そろそろ支度をするか・・・。

 

 

 

本日のフィールド状況

天候:雨のち晴れ
気温:最高28℃ 最低18℃
風向:東の風3m
潮汐:中潮 満潮7:15 干潮14:10
水温:表層21.5℃、底22.5℃

 

ダンゴレシピ(カップ杯数)

・ヌカ:14
・砂 :7
・鶏のエサ(バーディースペシャル):1
・押しムギ:1
・細挽きサナギ:1
アミエビ:1ブロック

久しぶりにサナギ粉を混ぜてみました。

本日のポイントも普段ほとんどコマセが入っていないので魚の寄りは悪いと予測。

カップ一杯では大した集魚にはならないでしょうが、ものは試しです。

それと今回のアミエビ、完全に腐っています。

土曜日に釣りに行く予定だったので金曜から解凍していたのですが雨で行けなかったので丸二日、外に出しっぱなしの状態でした。

まともに嗅ぐと吐きそうなほどの臭気を放っていますが大丈夫か、これ?

どのみち処分しなければいけないため、この臭いがプラスに作用することを願いつつ、ダンゴに混ぜ込みました。

持参した付けエサは5種類。

ヒロキュー・生さなぎ(練り餌)、食い渋りイエロー、自作練り餌、アミ汁グミ、オキアミ砂糖漬けです。

 

練り餌が自作含め3つもありますが最近は練り餌が良く当たる気がするのでいろいろ用意しました。

自作練り餌はサナギ粉、アミノ酸(グリシン、アラニン、アルギニン、グルタミン酸)を小麦粉に混ぜてアミエビで練り込みました。

あとネットで調べたらサラダ油を少量混ぜ込むと食い渋りイエローのようなしっとり感がでるとのこと。

これ、今までやったことが無かったのですが試しに混ぜてみたらホントにしっとりとした感触に仕上がりました!

 

朝7時16分 釣り開始

今日の作戦はダンゴが割れたら少し流して回収。

割れてからあまり時間をおかず、早めの打ち返しで攻めていきます。

投点は15mほど沖へ。

フグなどいるのか、一投目からエサが取られました。

オキアミでは持たないので練り餌、グミも試しますが・・・残りませんね。

唯一取られなかったのがアミエビの身入りグミ。

乾燥し過ぎでグミというよりビーフジャーキーのような見た目、硬さになってます。

数投続けて身入りグミで攻めていると・・・。

 

やっぱりフグ

まだ他の魚は寄ってきていないようです。

しばらくフグらしきアタリしかありませんでしたが、2時間ほど経ったころから徐々にダンゴアタリが出始めました。

そして9時過ぎ、手のひらサイズのヘダイ

 

自作の練り餌で釣れました。

その後もダンゴアタリはずっとあるのですがなかなか食い込んでくれません。

ダンゴに触っているのはなんとなくタイのような気がするのですが・・・。

次に釣れたのは午前11時過ぎでした。

 

今度は一応、チヌ

といってもサイズはさっき釣ったヘダイとほとんど変わりません。

このチヌはアミ汁グミで釣れました。

昼過ぎてからはやっと魚が付けエサを食い込んでくるようになりました、が。

 

ボラです。

この後のアタリもほとんどボラばかり。

ハッキリとボラだと分かるアタリならまだいいのですが、たまにタイのようなゆっくりとウキが入っていくアタリもあるので紛らわしい!

アタリがあっても「ボラじゃないか?」と思うと怖くてなかなかアワセることが出来ません。

それでもなんとか粘って夕方暗くなる前に手のひらヘダイを一枚追加できました。

そして午後19時過ぎ、電気ウキに変えて暗い中ダンゴを投げ続けました。

 

最後はゴンズイで終了です。

 

あとがき

アタリは多かったのですが数が釣れずヘダイ×2、小チヌ×1で終ってしまいました。

午前中タイらしきダンゴアタリのあった時間に、エサ持ち良くしようと付けエサはグミ、練り餌ばかり使ってたのですがあの時間帯にオキアミも使っていたらまた違った展開になっていたのかもしれません。

あと心配していた腐ったアミエビですが普通に魚が寄ってきたので腐っていようがいまいが、魚にはあまり関係なさそうでした。

それではまた。

今日は読んでいただきありがとうございました。

 

 

2 Comments

  1. お疲れ様でした!
    相変わらず朝から晩まで凄い粘りですね!

    アタリが多く、匂いが凄い集魚力だったのでしょうか?
    それにしてもボラが賑やかな時にどうやって本命を掛けるか、難しいですね〜
    工夫にしどころなんでしょうね。アミエビ グミの次は何が飛び出すか?期待してます!

  2. 梅の父さんおはようございます!
    急な用事や雨でも降らない限り、基本朝から夜まで一日やってます(笑)。

    腐ったアミエビのせいか分かりませんが、とにかくずっとアタリが出ていたので楽しかったです😊
    今回バナメイえびを持って行かなかったので次の釣行で試そうかと思っています。
    あまり食いの良くないエサではありますがエサ取りにはとても強いのでフグ・ボラ混成部隊に対処できるかもしれませんね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください