チーズで練り餌

こんばんは、めんだこです。

 

ついさっきブログ記事を更新したばかりですが明日9/1の釣行用にチーズ練り餌を作ったので備忘録として書いておきます。

前回の釣行時、即席で作った練り餌(チーズ+小麦粉)が意外と魚の反応が良かったのでちょっと改良してみました。

 

材料

・ベビーチーズ
・強力粉
・アミノ酸(グリシン、アラニン)
・ごま油(油ならなんでもよいと思います)

 

本日スーパーで買ってきました。

他にもいろんなチーズがありどれにしようか迷ったのですが実績もあるし値段も安いのでこれが無難かなと。

本当は臭いがきついと言われるブルーチーズあたりを試してみたいのですが硬そうなので果たして練り餌にできるか疑問なのと、あまり値段の高いものはもったいないので今回は見送りました。

 

これに強力粉を加え混ぜ込んでいきます。

水は一切加えません。

 

釣り場で即席で作った時は薄力粉でしたが強力粉のほうがグルテン量も多いので粘りも出てモチモチっとした感触に仕上がります。

おおよそですがベビーチーズ4個にたいして大さじ山盛りで3杯半ほどの強力粉を加えました。

 

チーズと強力粉を混ぜているところ。

とても魚のエサを作っているようには見えませんね。

 

これならお菓子作りしているといって誤魔化せること間違いなしです。

 

おまけでアミノ酸(グリシン・アラニン)を少量ずつ添加。

ともにチヌの味覚・嗅覚に対して有効的に働きかけるアミノ酸です。

 

 

最後にごま油を数滴加えてさらに混ぜ混ぜ。

別にごま油でなくてもサラダオイル等でもいいと思います。

油を混ぜることで練り餌の水分蒸発を防ぎ乾燥を遅らせる効果があります。

 

完成です!

さっそく明日の釣で試してみますね。

 

ああ、こんなことしているからまた寝る時間がほとんどなくなってしまった・・・。

日付も変わってしまいましたし、釣りの前日はいつもこうです。

反省しなければ。

以上小ネタでした。

それではまた。

今日はお読みいただき本当にありがとうございました。

 

6 Comments

  1. めんだこさん こんばんは。
    チーズを練り餌にして、紀州釣りの差し餌で実釣されるとは凄いですね。
    ダンゴに牛乳を混ぜることも、ちょっと飛躍していると思いましたが、更にそれを
    進化させるような練り餌ですね。柔軟な発想が活かされていますね。
    私が約半世紀前のチヌ釣り用の練り餌で使っていたのは、溶かしたアミエビを固く
    絞って、小麦ふすまで練ったものでした。(結構シンプルな練り餌です)
    めんだこさんの発想を捻ってみると、冷蔵庫にある中華調味料の創味シャンタンを
    小麦粉で練った差し餌とかも有りですか?(うまみ成分やニンニクが入っています)

  2. 評論家さんこんばんは。
    スーパーに買い出しに行くと何かエサに使えるものはないか探しているのですがチーズは大当たりでした。
    いまだ本命が釣れていませんがボラ、アイゴ、ゴンズイには好評(釣りたいわけではないのですが・・・)ですので悪食のチヌのこと、いつか釣れるだろうと期待しています。
    ダンゴに牛乳はわたしのアイデアではなく、焼津港の名人が考え出した方法です。
    わたしも最初聞いたときは絶対に冗談だと思いました。
    半信半疑で試してみたところ良い釣果に恵まれたのでそれ以来入れていますが本当に効果があるように感じます。

    アミエビと小麦ふすま、シンプルですが良さげな練り餌ですね!
    いろいろと混ぜるのも楽しいですがエサもシンプルなもののほうがいいのではと最近思うようになりました。
    創味シャンタン・・・全然アリだと思います。
    小麦粉を水で練っただけのものでも釣ったことがあるのでそれにうま味成分とニンニクなどが加わればより食いが良くなるのではないでしょうか。

    1. めんだこさん こんばんは。
      練り餌を差し餌に使っての紀州釣りは、2年前に再開後から1度も使ってませんでした。
      最近の差し餌は、オキアミまたは冷凍川津エビの頭側と尻尾側に切り分けたものでした。
      練り餌はどんなタイミングで試せば良いですかね。
      一応、めんだこさんのお墨付きで、創味シャンタンの練り餌は作ろうと思っています。
      また、冷蔵庫に焼き肉のたれの残りも有るので、練り餌に使えるかなと思っています。
      そうなると、溶けたアミエビを絞った練り餌もついでにですが、この絞り汁はダンゴに
      混ぜて有効活用します。
      ダンゴの配合以外にも、釣れそうな練り餌を考えるのも面白いですね。

  3. 評論家さんこんばんは。
    わたしも紀州釣りをやり始めて数年間はオキアミのみでずっと釣りをしておりました。
    今のようにいろんなエサに手を出すようになったのは3~4年ほど前からです。

    使うタイミングですがフグやヒイラギが多過ぎてアタリなくエサが無くなってしまうような時に試すことが多いです。
    それでボラなどが食ってきてしまうようなら別のエサに替えたりしています。
    針付けのサイズは大きくてもチヌ針1号がぎりぎり隠れくらい。
    わたしはグレ針の4号クラスの小針をよく使うので、針先に小さく丸めた練り餌をちょこんとつけるやり方をよくします。
    この方法、「鼻くそ釣法」などど勝手に名付けてますがアイゴを酒粕で釣るときの針付け方法と同じような感じでして、小さく付けた練り餌でもちゃんとチヌが釣れてくれます。

    創味シャンタンの練り餌、とても良いと思います。
    エサの中でも自分の工夫で色々混ぜ込める練り餌は何を混ぜるか考えるだけでも楽しいですよね。
    釣果報告もお待ちしています!

  4. めんだこさん こんばんは。
    2週前に創味シャンタン練り餌を作り持って行ったのですが、土曜日はオキアミで
    当たりが有り、40cmが2匹、25cmが1匹の計3匹で創味シャンタン試し忘れました。
    翌日の日曜日に試しましたが、しっかり練ったつもりがパサつきが強すぎでした。
    オキアミ餌も含めて当たり無しのボーズでした。
    先週土曜はリベンジのつもりで、小麦粉を水で練って創味シャンタンを混込んで
    みて、硬さも程良く、凄く良い香りの餌でしたが、潮回りが良いのに流れが無く、
    当たり無しのボーズでした。いつもダンゴの匂いが手に付くのですが、この日は
    良い匂いでの釣りでした。ダンゴで魚さえ寄せられたら釣れそうな気がします。
    今週は台風の接近で行けそうにないですが、次週再度試したいと思っています。

    1. 評論家さんこんばんは。

      おお、ついに創味シャンタンの練り餌を作られましたか。
      試し忘れたとはいえオキアミで40cmオーバー二枚に25一枚とは流石。
      おめでとうございます!
      その日の状況で何があたるか分からないので自分も数種類の付けエサを持っていきますがオキアミで釣れるようでしたらそれに越したことはないと思います。
      わたしもチーズ練り餌で先週、やっと小チヌが釣れてくれました。
      チヌがダンゴの周りにいれば創味シャンタン、絶対に釣れると思います。
      次週再チャレンジの報告お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください