「そうだ、石を削ろう」蛇紋岩で勾玉づくり

こんばんは、めんだこです。

今回の記事、なんかどこかで聞いたことがあるようなタイトルですね・・・。

 

コロナの影響で外出自粛されている方も多いと思いますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

釣りや散歩以外にこれといって趣味が無いわたしですが、ステイホームしてウキなど作ってしまうとよけいに釣りに行きたくなってしまうので困ってしまいます。

先日なにげなくテレビを見ていたら、家で出来る子供向けの遊び?みたいなものをやっていました。

川原の石を拾ってきれいに磨いてみようというものでしたが、その石というのはわたしが子供のころに見たことがある石でした。

見た目が深緑色でしたので「ブドウ石」と呼んでましたが正式名称は蛇紋岩(じゃもんがん)というそう。

番組では紙やすりで磨いていましたが小一時間くらいでピカピカに光るほど綺麗に磨かれていました。

ほうほう、これは面白いかも。

紀州釣り用のウキを自作しているせいか物を削って形にするのはけっこう好きだったりします。

わたしもこの石で何か作ってみようか。
何がいいかな。

そういえばちょっと前に登呂遺跡(関連記事近所へ散歩に~静岡市登呂遺跡公園~)に散策に行ったときに売店で見かけた古代のアクセサリー、「勾玉」。

形もシンプルだし頑張れば作れるかもしれません。

蛇紋岩で勾玉作りに挑戦してみることにしました。

 

石探し

まずは材料となる蛇紋岩ですが静岡市内を流れる安倍川によく落ちてます。

ただ車を止める場所が限られているので川ではなく、用宗港の隣に広がる海岸で探してみました。

てくてく歩いて見るとありました!

ただこの後の加工のことを考えると、ある程度サイズを選ばないといけません。

勾玉に加工するのにちょうど良さそうな大きさのものをいくつか見繕ってみました。

これが蛇紋岩。

表面がつるっとした、深緑色の石です。

それではさっそく家に帰って加工してみましょう。

 

加工に使った道具など

ふだんウキを作っているので石を削るヤスリ類には事欠きません。

・耐水ペーパーヤスリ(100、240、400、800、1200、2000番)

・小型のこぎり

・平ヤスリ、丸棒ヤスリ

・ルーター

・電動ドリル、ドリル刃

紙やすりはホームセンターで一枚70円くらいで売っています。

平ヤスリ、ルーターは100均のダイソーで購入しました。(ルーターは電池式で700円くらいだったと思います。)

電動ドリル以外は100均やホームセンターでかなり安く手に入れることが出来ます。

あとは最終の表面磨きに使うコンパウンド。

なぜか家にあった車用のものとアクリル研磨用?のものを使いました。

 

作ってみよう!

最終的にはネックレスのようにしようかと思いますので最初に紐を通す穴を開けました。

いきなり大きな穴を開けて失敗するのが嫌だったので1.5mm径からスタート。

少しずつ、出来るだけまっすぐになるよう削っていきます。

切削作業時には削った石の粉がでるので水で濡らしながら粉が飛散しないようにする必要があります。

穴あけ完了。

この後2.5mm径のドリルで再度削って穴を大きく広げました。

次に余分な部分をのこぎりで切り落としました。

木を削るようには簡単に切れませんが根気よく切っていくと・・・

 

切れました。

のこぎりで石を切るというのも変な感じですが切れるもんなんですねえ。

お次は勾玉内側のくびれ部分を削ります。

ここは平ヤスリではちょっと難しかったので丸棒やすりで削りました。

なんか削る作業って無心になれて好きです。

削っているうちにだんだんと形になっていくのがいいですね。

しばらく削っていくと何となく形になってきましたよ。

ここからは勾玉の丸みを出す作業にはいりました。

平ヤスリで角ばった部分を丸くなるよう削っていきます。

 

あらかた削り終えました。

正面から見るとこんな感じ。

真横から。

背中側のカーブは元々の石の曲線を生かして、ヤスリで整える程度にしてあります。

ここでダイソールーター登場!

さらに細かい部分を気の赴くまま、納得いくまで削ります。

このルーターですが連続稼働時間5分までで回転数の調整はできません。

それとモノにあてるときは力を入れずに軽く触れる程度と本格的なルーターに比べると制約が多いと思うのですがけっこう使えました。(本格的なルーターを使ったことが無いのでちゃんと比較できませんが・・・)

ルーターで削ったあとは表面の仕上げ。

紙やすりの番手の小さい(粗目)ほうから大きい(細目)ほうへと順に磨いていきます。

勾玉内側のくびれ部分は特に磨きにくいので割りばしに紙やすりを巻き付けて磨きました。

紙やすりで磨き終えたら最終仕上げ、コンパウンドの出番です。

コンパウンドを布につけて艶がでるまでひたすら磨く磨く!

 

完成です!

元が海岸に転がっていた石ころとは思えないほどキレイに磨けました。(自画自賛(^^; )

磨いていくうちに深緑色というより黒っぽくなってしまいましたがまあいいでしょう。

ただ残念なことに、紐を通す穴が2.5mmでは小さすぎました。

革ひもを使うつもりだったのですが3mm以上は欲しいところ。

では再度、穴を大きくするかとドリルで削っていたら負荷が強すぎたのか、勾玉が割れてしまいました(悲)。

壊れてしまったのは仕方ありません。

もう一度作り直しです。

 

今度は初めから大きめの穴を開けて修正の必要がないようにしました。

直径は4mm、これなら大抵の紐は通るでしょう。

それとこの石は最初のものと比べて表面が凸凹していたので平ヤスリで平らになるまで石の両面を削っておきました。

こうすることで後の作業がやりやすくなったように感じます。

それと一回目の作業ではやらなかったのですが勾玉の下描きを石に描いておいたほうが良いですね。

石が黒っぽくマジックでは見えにくいのでわたしはとがった錐(きり)で引っ掻いて描きました。

 

2度目の正直、最初のものより時間をかけて削ったのでこっちのほうが上手く出来たかな。

革ひもを通してみました。

いい感じです!

 

あとがき

子供のころ、川遊びで蛇紋岩を他の石にあてて削ったことがあるので柔らかめの加工しやすい石だとは知ってましたがこうしてちゃんと削ったり磨いたりするのは初めてでした。

ひとつの勾玉を作るのに一日2時間作業、4~5日かかりましたが勾玉の形まで仕上げられたのには自分でもちょっと感激です。

やっぱりモノ作りって楽しいですね。

この記事を見て興味が湧いた方がいらしたらぜひ挑戦してみてください!

きっと面白いですよ。

それではまた。

今日はお読みいただき本当にありがとうございました。

 

7 Comments

  1. ブラボーです!
    勾玉って自作できるんですね。
    文明の利器を使っても、4日ですか。
    昔の人はすごいですね。それだけに、貴重な品だったのでしょうね。

    考古学はちょっと好きで、中学生の時に社会の先生に連れられて縄文時代の土器を探しに行ったことを思いだしました。今じゃ畑になってましたが、土器の欠片と矢尻か矢尻を作った時に削られた破片かわかりませんが、遺跡で見つけましたよ。
    自作は思いつかなかったですね〜

    いや〜綺麗ですね!

    1. 梅の父さんこんばんは。
      そうなんです、石を加工するのは初めてなのでダメ元でやってみたのですが意外と形になったので楽しかったです。
      蛇紋岩って比較的削りやすい石だと思うのですがそれでも一個作るのに4日ですから。
      これでもっと硬い石だったらとても作れる気がしないです。
      昔の人はヤスリやルーターなしでどうやって削ったんでしょう?
      このあいだ散策に行った登呂遺跡の火起こしもそうでしたが昔の人の知恵って驚かされることが多いです。

      社会の授業で土器探しってスゴイですね!
      そんな授業があったら受けてみたいなあ。
      遺跡ではないですがわたしも中学のころ化石探しに一時期ハマったことがありました。
      結局一つも見つけることが出来ませんでしたが・・・。

      石を磨いているとつやつやになってくるのが嬉しくて時間を忘れてしまいます。
      できあがった勾玉をみて一人でニヤニヤしてました(笑)

  2. お久しぶりです!勾玉いいですね!小学生の時、大きな蛇紋岩拾ったことありましたが、家へ持ち帰りしばらくしてポイッとどこかへやってしまいました・・・。今となっては惜しいことをしてしまいました。めんだこさんみたいに大きな勾玉出来たかもしれないのに・・・。

    1. 栃平さんこんばんは。
      ご無沙汰しています。
      何を作ろうかと考えて頭に浮かんだのが勾玉でしたが自分でもなかなか良い出来なのではと思っています。
      そうですか・・・栃平さんも蛇紋岩拾ったことあるんですね。
      わたしは子供のころから「ブドウ石」と勝手に名付けていたので正式な名前を知ったのがつい先日でして。
      他の石と違ってツルツルとした感じで子供のころ川遊びの時には良く拾って遊んでました。
      たぶんですが県内の河川や海岸には探せばけっこう落ちていると思うので気が向いたら磨いてみてください!
      ピカピカつやつやになるのがけっこう癖になるかもです(笑)

      1. 何か形にしなくても、磨くだけでかなり綺麗な物が出来そうですね!それと近頃は野鳥の写真撮りに精を出しておりますw

        1. そうですそうです!
          このあいだも少し大きめの蛇紋岩を拾ってきて今も磨いている最中なんです。
          これは何か作るつもりではなく単にツルツルにしたいだけなんですがちょっと手を加えるだけで(根気は要りますが)ただの石ころが綺麗になるのは面白いものです。

          野鳥の撮影もいいですよね~。
          わたしも身近な鳥ばかりですがうまく撮れると嬉しくて散策や釣りに出かけるときはいつもカメラを持っていくようにしています。
          でも動きの速い小鳥などは鳴き声はしてもどこにいるのか分からないことが多く、見つけてもじっとしてくれないのでもっとスキルをあげなければと思っています(笑)

          1. 自分もおんなじですw上手く撮れるととても嬉しいので何度もいってしまいますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください